記事ID582のサムネイル画像

世界初!!3Dプリンターカーが登場!!

昨年シカゴで開催されたIMTS(インターナショナル・マニファクチャリング・テクノロジー・ショー)で、世界初3Dプリンターで、できた3Dプリンタカー『Strati』が出品された。デトロイトショー15でも走行デモンストレーションが行われ、世界初の3Dプリンターカー話題となっている。

記事番号:582/アイテムID:7329の画像

出典:response.jp

3Dプリンターカー『Strati』

3Dプリンターカー『Strati』を作り上げたのは、アリゾナ州フェニックスにあるローカル・モータース社である。もともとは、少量生産の車を作り上げる会社として始めたが、研究機関であるオークリッジ・ナショナル・ラボラトリーとの共同で、制作し完成させた。

3Dプリンターカー『Strati』気になる性能は?

3Dプリンターは、最近どんどん身近な存在になり、技術進歩とともに、複雑な形のものができるようになってきた。こうしてできた3Dプリンターカー『Strati』は、ミニチュアカーではなく、リアルサイズでできていて実際に運転することもできる。2シート、最高時速は40kmだ。重さは約800kgであり、これはだいたいアメ車の半分でだという。フレームとパネルは、カーボンファイバーを配合し、200層以上も蓄層して造られた樹脂素材を使用している。

3Dプリンターカー『Strati』の価格は?

記事番号:582/アイテムID:7228の画像

出典:gigazine.net

平均寿命は、5~6年であり、ガレージに駐車し酷使しなければ、もう少し長くなる。そして、3Dプリンターカー『Strati』の凄いところは、なんといっても壊れたり傷んだ時、3Dプリンターで再びプリントすれば直すことができる。今年中に発売予定で、値段は200万円~340万円である。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ