待望のマツダの新型車発売!その詳細についてまとめてみました!

待望のマツダに新型車がついに発売を発表したようです。マツダ新型車発売日から、燃費や旧型との比較に至るまで、マツダ新型車の魅力を全てご紹介します。購入を考えている方必見の記事となっています。ご覧になって、参考にしてみてください!

待望の、マツダ新型車が発売!

今やスカイアクティブと繊細なボディデザインで大人気のマツダに待望の新型車が登場します。
まずはじめに、どの車種が新型になるのかを紹介します。

マツダは、2016年3月までにスカイアクティブを搭載して5車種投入すると発表していますが、新型者の1台として、新型 CX-9をMPV後継車として発売されます。
MPVは、1990年に発売されたミニバン型の普通自動車です。現在までで3代目まで販売されておりロードスター同様に自動車のスタイルの呼称をそのまま車名に用いている車種であります。
ちなみにMPVは(Multi Purpose Vehicleの略でミニバンの同義語)になります。

マツダ新型車 CX-9のエンジンスペックとは?

発表されたマツダの新型車 CX-9のエンジンスペックはどうなっているのか、
気になる人も多いかと思います。

そこでまずマツダの新型車 CX-9のエンジンスペックについて調べてみました!

エンジンに関しては、何と言ってもマツダの売りとしている、SKYACTIV仕様へ変更となり燃費が格段に向上します。
具体的にはガソリンモデル2.0L、2.5L SKYACTIV-G と
ディーセルモデルのCX-5に搭載された2.2L SKYACTIV-D搭載となりそうです。

プラットフォームは新型アテンザをベースに開発されていて、デザインは「魂動」デザインを採用します。

「生きているものだけが持つ、豊かな表情や力強い生命力を感じられるクルマをつくる。魂動デザインの目指すところをあえて言葉にすれば、こういうことだと思います。日本には古くから、道具に命を与えるという精神論があり、創り手が想いを込めてつくったものには心が宿ると言われてきました。人の手によって真剣且つ丁寧に創り上げるフォルムには、心が宿ります。クルマは唯の移動の道具ではなく相棒の様な愛される存在でありたいと思っています。だから、そのカタチは命を宿したものだけが放つ、一瞬の動きや美しさを表現したい。これが、魂動デザインの志なんです」。
表面的な形だけでなく、命あるものとしてクルマづくりを目指すからこそ、見る人の心を揺さぶるのだという。
「今のマツダのデザインコンセプトを、「魂動デザイン」と名付けたのですが、この言葉にたどり着くまでには、相当な苦労がありました。たったひとつの言葉が、デザイナーのインスピレーションを牽引します。だから言葉は非常に重要なんです。まず自分の世界観を「凛」「動」「艶」という3つのワードに落としました。「凛」は研ぎ澄まされた存在感。「動」はマツダデザインの伝統とも言えるダイナミックな動き。「艶」は命あるものが放つ色気。この3つのバランスの取り方でデザインの幅を決めようと思いました。これを一言にしたくて、そこからは約1年悩みながら、胸を打つ「鼓動」というインスピレーションと、命を表す「魂」の字を合わせ、魂を動かす「魂動(こどう)」という言葉を生みだしました。そのときの感動は、今でもよく覚えています」。

出典:http://www2.mazda.co.jp

搭載されるエンジンは、マツダの売りとしているSKYACTIV仕様になり。走りが楽しみになりますね。

マツダ新型車 CX-9の燃費性能は?

続いて注目度の高いポイントとして気になる、マツダ新型車 CX-9の燃費について調べてみました。

ロータリーエンジンで名を馳せたマツダが、満を持して投入したスカイアクティブ テクノロジーは量産エンジンとして世界一の圧縮比「14.0」を実現。圧倒的な低燃費と「走る歓び」を高いレベルで両立させることができました。

【燃費】マツダ新型車 CX-9の燃費は、スカイアクティブシステムの搭載やプラットフォーム「鼓動」デザイン採用で、22Km/L(JCO8モード)と言われています。低燃費と走る喜びを両立させることができました。

マツダ新型車 CX-9の価格は?

燃費性能も上がり、ますます実用性が向上しているマツダ新型車 CX-9の気になる価格は
いくらでしょうか?

マツダ新型車 CX-9の価格は、まだ正式な発表がありません。
現行のMPVの新車価格:282~358万円となっています。
モデルチェンジされた他のマツダ車のことを考えると、
現行に対しても大幅な値上げは考えられないでしょう。
おそらくマツダ新型車 CX-9は、350万円~からではないかと考えられます。

マツダ新型車 CX-9の特徴と現行モデルとの比較をして見ました

マツダ新型車 CX-9発売にあたって、現行のMPVのモデルと特徴を比較してみようと思います。

マツダ新型車 CX-9の特徴はなんといっても「エンジン」です。
スカイアクティブテクノロジーを搭載するエンジンで、世界一の圧縮比「14.0」と、22Km/L(JCO8モード)と言われています。
また、プラットフォーム「鼓動」デザイン採用することで、燃費向上が図られています。

現行MPVは
ボディデザイン 全長:4,860mm、全幅:1,850mm、全高:1,685mm
マツダ新型車 CX-9は
ボディデザイン 全長:4,890mm、全幅1,890mm、全高1,734mmとなります。
少しだけ大きくなります。

現行MPVは、エンジン
L3-VE型 2.3L 直4 DOHC
L3-VDT型 2.3L 直4 DOHC 直噴ターボ
マツダ新型車 CX-9は、エンジン
ガソリンモデル2.0L、2.5L SKYACTIV-G
ディーセルモデル2.2L SKYACTIV-D
となります。

マツダ新型車 CX-9と現行モデルを比較すると特徴は
「エンジン」と「デザイン」にあるようですね。

マツダ新型車 CX-9の発売予定日はいつ?

気になるマツダ新型車 CX-9の発売日はいつでしょうか?
注目の発売予定日は…

マツダ新型車 CX-9は、2015年12月の発売予定!

また、プレマシーもフルモデルチェンジとなりフルスカイアクティブへ進化します。
現行プレマシーは、エンジンのみSKYACTIVで、シャシーはSKYACTIVを採用していませんでしたが、次期プレマシーでは、いよいよSKYACTIV技術がフル採用されて、クリーンディーゼルエンジン搭載でデビューします。
ますます、マツダ車から目が離せないですね。

以上、注目の集まるマツダ新型車 CX-9の詳細についてのまとめでした!
自動車購入の際のぜひ、参考にしてみて下さい。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ