一度は乗りたい高級車!アルファードの評価をまとめてみました!

ゆったり乗れる、たくさん乗れるだけのミニバンではなく高級車としての価値を見いだせる車、アルファード。今回は公用車にも使用されるアルファードの走行性能や内装の評価、さらには昨今車選びの中心になっている燃費評価も併せてご紹介したいと思います。

アルファードの基本情報

今回はトヨタ・アルファードの様々な評価をまとめてご紹介します。
紹介する評価の内容はアルファードの走行性能、内装や乗り心地、燃費に関する評価です。
アルファードの評価を見る前にまずは簡単にアルファードについてまとめてみます。

アルファードはトヨタが販売する大型LLクラスのミニバン型高級乗用車です。
現在は2015年1月にフルモデルチェンジした3代目が販売されており、「大空間高級サルーン」をテーマに開発され、ミニバンの領域を超え、高級車として名乗りをあげました。

現行のアルファードにはガソリンモデルとハイブリッドモデルがあり、トヨタが公式に発表している新車販売価格はガソリン車が319万~482万円、ハイブリッド車が415万~703万円となっています。
グレードや装備によって価格は変わりますが、ハイブリッド車の方が価格が高いことがわかります。

アルファードの評価:走行性能

まずはアルファードの走行性能に関する評価を見ていきましょう。
高級車として名乗りを上げたアルファードの走行性能とは一体どのくらいのものなのでしょうか。
ガソリン車とハイブリッド車、それぞれをご紹介します。

まずはアルファードのガソリン車の走行性能評価は「コーナーへ入るときのロールが小さく、とてもスムーズ」、「2.5Lだと少し非力に感じるかも」、「V6なので静かで余裕のある走りができます」など、エンジンや排気量によって多少評価が揺れるという結果になっています。

次にハイブリッド車の走行性能評価は「マニュアルシフトを使うと想像以上の加速に驚く」、「発進時や坂道では重量を感じるがスピードに乗れば力不足を感じることは無い」、「ハンドルが軽く運転し易い」、「運転しやすさ、操作性は車体の大きさのわりに良い」などという結果になっています。

以上の結果を踏まえても、アルファードの走行性能は結構いいようですね。
一般的には非力とされるハイブリッド車ですが、ガソリン車にも引けを取らないくらいの走りを見せてくれるようです。

アルファードの評価:内装・乗り心地

次はアルファードの内装・乗り心地評価を見ていきましょう。
ここでもガソリン車とハイブリッド車を比較して見たいと思います。

アルファードのガソリン車の内装・乗り心地評価は「エグゼクティブパワーシートは高級感がある」、「静粛性、乗り心地共にクラウンに近いレベル」、「ミニバンの開放感と視界が長距離移動ではセダンより疲れない」、「申し分ないです」などと言う結果になっています。

次にハイブリッド車の評価を見ていきましょう。
その評価は「バックモニターも画面が大きく見やすく同乗者から好評」、「車内も静かで広く視点も高い」、「かなり豪華に感じ、とても気に入ってます」、「乗り心地は大変良いです」となっています。

やはり高級車と言うだけあって、内装や乗り心地への評価は非常に高いものが目立っていました。しかし、内装や乗り心地に関しては好みの問題もあるので、試乗して自分の目で見て、感じて確かめてみると確実でしょう。

アルファードの評価:燃費

最後にアルファードの燃費評価を見ていきましょう。
ここでもガソリン車とハイブリッド車を比較してみましょう。

まずはそれぞれの燃費と実燃費を見ていきます。
トヨタが公式に発表しているガソリン車の燃費が9.5~11.6km/L、実燃費が8.5km/Lで、ハイブリッド車が18.4km/L、実燃費12.6km/Lとなっています。

以上の結果を踏まえたうえでガソリン車の燃費評価を見ていくと「この重さと乗車人数でこの燃費はすごい」、「この車のわりには燃費はビックリするほど悪くない」、「排気量、トルクUPしているのと車重があるので仕方ない」という評価になっています。

そしてハイブリッド車の評価は「この重量級サイズの車両としては十分納得できる数値」、「スゴイとしか言いようがない」、「さすがトヨタのHVです」、「給油回数が減る事が何より嬉しかったです」という結果になりました。

アルファードの燃費評価はいずれにせよ高く、車両重量や大きさなどを考慮した場合、納得のいく数値だと感じている方が多いように思います。

アルファードの評価のまとめ

いかがでしたか。
アルファードの魅力は伝わったでしょうか。
どのエンジン、どのグレードを選ぶかは好みで選んでみてください。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ