高級車をいろいろな切り口のランキング形式で紹介していきます

高級車を「日本車」「外車(輸入車)」「世界で一番高い」など、いろいろな切り口でランキングにして紹介していきます。高級車イコール外車のイメージがありますが、国産車にもビックリするほど値段の高い高級車がありますので、ランキング形式にしてまとめてみますね。

一生に一度は、乗ってみたい高級車ランキング

最初に「一生に一度は乗ってみたい高級車」のランキングをお届けします。

ランキング3位 ポルシェ

現在日本で販売されているポルシェは約50車種、中でも人気はやはり911シリーズです。
911ターボは最高出力540ps/6,400rpm、0-100km/h加速3.0秒。最高速度は320km/hに達します。
価格は2,236万円新車での最低価格から

ランキング2位 ランボルギーニ

ウラカン

ランボルギーニは、エクステリアデザインが好きだという意見が多く、「見とれてしまう」、「クールなデザインがいい」などの声があります。
人気のウラカンは2013年に生産終了したガヤルドの後継モデルで、日本では2014年に発売されました。
最高出力610ps/ 8,250 rpm、最大トルク57.1kgm/ 6,500 rpmを発生するV10型DOHCエンジンを搭載し、駆動方式は4WD、日本の折り紙をヒントにした特徴的なルーフライン。
価格は2,970万円新車での最低価格から

ランキング1位 フェラーリ

488GTB

フェラーリの最新車種488GTBは、2015年3月のジュネーブショーにて発表されました。
最高出力670psを発生するV型8気筒3,902ccのターボエンジンを搭載。最高時速 30km/h以上、0~100km/hは3.0秒。ターボモデルはカリフォルニアTに続いて2台目です。
価格は3,070万円 新車での最低価格から

国産高級車ランキング

次は、「国産で現行販売している高級車」を、価格順でランキングにしてみました。
日本一高い車とは、はたしてどの車でしょうか?

ランキング3位 日産「GT-R nismo」

GT-R nismo

GT-Rは2007年からスカイラインGT-Rの事実上の後継車種として製造・販売しているスポーツクーペです。
「誰でも、どこでも、どんな時でも最高のスーパーカーライフを楽しめる」というコンセプトの通り、初心者からベテランまで人気の高級車と言うよりも超高性能スポーツスーパーカーです。
車名の「GT」は「Grand Touring」の略称で高速で遠乗りを楽しむという意味で、「R」はレースの頭文字と、プロトタイプ・スポーツカー「R380」のRに由来しています。
価格は1,870万円新車での最低価格から

ランキング2位 トヨタ「センチュリー」

センチュリー

センチュリーは、歴史ある高級車。
トヨタが1967年から製造・販売している最高級セダンで、現行は2代目です。
官公庁の公用車が多く、防弾仕様の内閣総理大臣専用車や、皇室の御料車としてリムジン化されたセンチュリーロイヤルなどのバリエーションがあります。
「センチュリー(世紀)」の名前は、初代の発売1967年が明治100年とトヨタ創業者・豊田佐吉の生誕100周年に由来しているということです。
価格は1,253万円新車での最低価格から

ランキング1位 レクサス「LS600hL」

LS600hL

LSはレクサスブランドで、1989年から販売している大型高級車です。
現行型は4代目で、初代から3代目までは日本国内では、セルシオとして販売されていました。
LS600hLは5.0L V型8気筒エンジン+モーターの、強力なハイブリッドです。
非常にパワフルであるにもかかわらず静粛性能は抜群で、驚くほど静かなのにあっというまの加速です。車名の「LS」は「Luxury Sedan」の略称です。
価格は1,595万円新車での最低価格から

外車・輸入車 高級車ランキング

ここでは。外車・輸入車の排気量やボディタイプを問わず「製造・販売した車種であるもの」という条件で高級車をランキングしました。

ランキング3位 ベンツ「SLRマクラーレン-C199」

SLRマクラーレン-C199

メルセデスベンツの2人乗りクーペ、初代SLRマクラーレン-C199は2004年10月から生産、2012年1月に生産終了しました。
全長4675mm×全幅1925mm×全高1275mm、排気量は5438ccで、全長、全高は5ナンバー枠ですが、全幅が1.7mを超え、排気量も5000ccを超えており、比較的コンパクトなボディに大きめなエンジンの組み合わせは世界戦略車(グローバルカー)や高級車によくあるパターンです。
価格は5,985万円新車での最低価格から

ランキング2位 ロールスロイス「ファントム」

ファントム

英国一の高級車メーカーのロールスロイスの5人乗りセダン、初代は2003年10月から生産、販売されました。
後部座席にオーナーがゆったりと座り寛ぎ、悠々と移動する高級車と言えるでしょう。
基本価格は5,995万円ですが、オーナー自ら様々なオプションを付けることができ、必ず自分好みにカスタムしますので、この車の最低の値段が5,995万円だと思っていいでしょう。
この車は、1つとして同じ車が無いと言われている車です。
価格は5,995万円新車での最低価格から

ランキング1位 マイバッハ「マイバッハ 」

マイバッハ

マイバッハ(Myabach)は1909年にドイツでエンジン製造会社として誕生したメーカーです。1966年に「ダイムラー・ベンツ」の傘下に入り、その後マイバッハブランドは一時廃止されましたが、2014年に「メルセデス・マイバッハ」として復活しました。今回の車は、マイバッハ62Sです。
全長6165mmのロングボディに5,980ccのV型 12気筒 SOHCエンジンを積んだ高級車です。
日本での販売価格は4,100万円からとなり、最高級のオプションを装備した場合は総額が1億円を超えるとも言われています。
価格は6,675万円新車での最低価格から

世界一高い 高級車ランキング

世界で一番高い(高額な)といってもいろいろな考え方があります。
今回は、自動車メーカーが販売した価格でランキングしました。

ランキング3位 フェラーリ「ラ・フェラーリ」

ラ・フェラーリ

お値段なんと1億6000万円。まさにスーパーカー高級車です。
普通のマンション、戸建てなら2、3建買えてしまいますね。
しかも、お金があっても簡単には買えません。
過去にフェラーリを数台購入していなければならないという条件があり、生産台数499台。
価格は1億6000万円新車での最低価格から

ランキング2位 ランボルギーニ「ヴェネーノ・ロードスター」

ヴェネーノ・ロードスター

ランボルギーニヴェネーノは約4億4200万円。しかも限定9台。
ランボルギーニは他にも多数の高級車があります。
いつかは乗ってみたいメーカーですね。
価格は約4億4200万円新車での最低価格から

ランニング1位 ロールスロイス「100EX」

100EX

2016年世界で一番高い車は44億という異次元のロールスロイス100EXでした。
これは世界に1台しかなく、ロールスロイスの100周年を記念して作られた車です。
新開発システムや部品の機能などを評価する実験的な車となっています。
価格は約44億円新車での最低価格から

おわりに

いかがだったでしょうか。高級車をいろいろな切り口でランキングしてみました。
人生は一度きり、なんとか憧れのクルマを手に入れたいと思ってしまいます。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ