環境性能を追求した次世代エンジン搭載!BMW328Iをレビュー!

BMW328Iはエコ性能を向上させながら、BMWならではの走らせる喜びを追求したクルマです。2011年から投入された現行3シリーズですが、日本に最初に輸入されたのもこの328Iです。6気筒に迫るパワフルな走りも実現し、328IはBMWの新たな指針となる車です

BMW328Iの概要

BMW3シリーズはBMWの中でも販売数が多くモデルバリエーションも豊富な車種です。BMW3シリーズは1975年にデビューしたE21型を皮切りに、脈々とモデルチェンジを続け、2011年に6代目となる現行モデルに切り替わりました。

初代BMW3シリーズ

丸目のヘッドライトが特徴の初代BMW3シリーズ

1975年にデビューしたBMWのE21型モデル。ヨーロッパだけでなく、日本でもたくさんの車両が輸入されました。

BMW328I

日本で最初に導入された新しい3シリーズが、BMW328Iです。

6代目となるF30型。ヨーロッパでは2011年に発売したBMW328Iでしたが、日本でのデビューは翌年の2012年2月となりました。最初はセダンのみでしたが、徐々にツーリングなどのモデルバリエーションを拡大しています。

BMW328Iのエンジン

日本市場に真っ先に導入されたのは、新世代の2リッター直列4気筒・直噴ツインスクロールターボエンジン(N20B20A)を採用した「328i」。このエンジンは従来の直列6気筒NA版に代わるもので、最高出力は180kW(245ps)と排気量3リッター並み。

出典:http://www.motordays.com

BMW328Iに搭載した直4・2リッターターボはまさに現在主流のダウンサイジングエンジンなのです。小さな排気量でありながら、十分なパワーを発揮します。

BMW328Iのエンジン

ストレート6ではなく、4気筒ツインターボエンジンとなっています。

それではBMW328Iの象徴でもあるエンジンについて、細かくチェックしていきましょう!次世代の新たなエンジンとはどんなものでしょうか!?

BMW328Iのエンジン

マイナーチェンジを加えた最新型のBMW328Iは、さらにトルクフルなN20B20Bに進化しています。

BMWといえばシルキーフィーリングと称される直列6気筒エンジンがイメージされますが、新世代のBMWは直4ターボがこれからのトレンド。6気筒よりも軽量ですので、そのぶんハンドリングや運動性能に優位なのです。

BMW328I エンジンスペック

エンジン型式 N20B20B
最高出力 184ps(135kW)/5000rpm
最大トルク 27.5kg・m(270N・m)/1250~4500rpm
種類 直列4気筒DOHCターボ
総排気量 1997cc
圧縮比 11.0
過給機 ターボ
燃料供給装置 デジタル・モーター・エレクトロニクス(DME/電子燃料噴射装置)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン

JC08モード燃費 15.0km/リットル

BMW328Iは低燃費!

ダウンサイジングターボの採用により、低燃費を実現したBMW328I

3リッタークラスのパワーがありながら、BMW328Iはリッターあたり15.0kmの低燃費を実現しています。車格から考えると、この数値はかなり良いデータではないでしょうか。

BMW328Iのスタイリングとインテリア

今や3シリーズはエントリーモデルとは言えないほど高級車に昇華しています。続いては精悍なスタイリングと、豪華なインテリアをチェックしていきましょう。

BMW328Iのエクステリア

直線とカーブをうまく組み合わせた、BMW328Iのデザイン。

どことなく上級モデルのi8の面影を残すデザイン。先代よりもキドニーグリルが広がり、威厳あるフロントフェイスになりました。ボディサイズは全長4.6メートルで、5シリーズに近い印象を受けます。それ以上にホイールベースが延長したので、それにともなう安定性向上の恩恵が受けられます。

BMW328Iのインテリア

BMW1シリーズよりもさらに高級感が漂う328Iの室内空間

インパネ回りの質感の高さもさすがBMWとうならせるもの。ステアリングのドッシリした安定感は、高級車らしいフィーリングです。さらに各種スイッチ類の使い勝手も良く、操作性の良さも高得点です。特にステアリング周りに配置した、オーディオや空調のスイッチは秀逸。

BMW328Iのドライブインプレッション

BMW328I走行画像

「駆け抜ける喜び」を具現化した328I。8速ATもダイレクト感があります。

それでは肝心の328Iドライブフィールについてチェックしていきましょう!328Iには「ドライビングパフォーマンスコントロール」の切り替えスイッチがあり、4タイプのドライブモードが選べます。

最高出力は2リッターターボとしてはトップクラス。そしてトルクも3.5リッター並みなので、中間加速に淀みは一切ない。特に「スポーツ」モードでは、低めのギアで鋭くレスポンスし、突き抜けるようなサウンドで一気にゼブラゾーンまで回り切る。

出典:http://www.motordays.com

このあたりも単に環境性能だけではない328Iの魅力ですね。あくまでドライバー主役のBMWですから、そのあたりもこの328Iは心得ています。しかもハンドリングも軽量なエンジンなので俊敏なフットワークに磨きがかかっています。

BMW328I 最後に

ボディカラー同色のリモコンキー

なんとBMW328Iにはボディカラーと同じリモコンキーが付きます。

環境性能のみならず、BMWならではのドライビングの魅力を、
高次元で引き出したBMW328I。

価格と性能、高級感のバランスが取れた1台ではないでしょうか。


BMW328I 価格570万円(8AT)

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ