あの名車が帰ってくる!新型S2000の詳細についてまとめました!

本田技研工業創立50周年記念として、1999年に発売されたオープンスポーツカーであるホンダS2000。2009年に生産終了となりましたが、2016年頃に新型モデルの発売が噂されています。今回は、旧型の比較と現在判明している新型S2000の情報をご紹介します。

ファンには嬉しいお知らせ!新型S2000復活!

新型S2000

新型NSXの小型版とも言われており、「Baby NSX」という名称で呼ばれている

本田技研工業創立50周年記念として1998年に発表され1999年に発売されたFRオープンスポーツカーであるホンダ・S2000。2009年8月に生産終了となったが、来年である2016年に新型S2000が発売されるのではないかとの予想がなされています。

今回は、新型S2000の気になる情報をお知らせします。

新型S2000のエンジンスペックは?

ファン待望である新型S2000のエンジンスペックはどのような内容なのか気になる人は多いはず。そこで、新型S2000のエンジンスペックについてまとめました。

2.0L直列4気筒ガソリンターボ

新型S2000では、このエンジンを更にチューンアップしたものが搭載されるのではないかと言われている。


まだ正式な発表が無いため予想の範囲ではありますが、新型S2000のエンジンは「シビックType-R」に搭載されている2.0L直列4気筒ガソリンターボを、最大出力350psにパワーアップして登場させると言われています。また、2.0L直列4気筒ガソリンターボ+モーターのSH-AWDモデルについては最大400psとなる仕様が発売されるとも言われています。

旧型S2000の約240psと比較すると、新型S2000はかなりのエンジン出力を誇ることが分かります。

新型S2000の燃費性能

気になる新型S2000の燃費性能ですが、その性能は16.0km/L。
11~12km/Lであった旧型S2000、そしてスポーツカー全体で見ても新型S2000の燃費はかなり高い数字だと言えるのではないでしょうか。

新型S2000の価格について

新型S2000の価格は、350-400万円前後ではないかと言われています。
旧型S2000が360-400万円前後だったので、新型S2000の価格は旧型と余り変わらないみたいです。

新型S2000と旧型S2000との比較

新型S2000発売ではないかとの情報にあたり、旧型S2000と新型S2000との比較をしてみようと思います。

旧型S2000 F20C型との比較
全長:4,250mm(4,135mm)
全幅:1,800mm(1,750mm)
全高:1,200mm(1,285mm)
ホイルベース:2,830mm(2,400mm)
最大出力:350ps/6,600rpm(250ps/8,300rpm)
最大トルク:40.7kgm/2,500rpm(22.2kgm/7500rpm)
※( )内は旧型S2000モデルのスペック

見比べると、新型S2000は車高が低くなっていますが、全長・全幅・ホイルベースがやや大きくなっています。また、新型S2000ではエンジン出力やトルクなどのスペックは大幅に強化されていることが分かります。

新型S2000の発売予定日はいつなのか?

新型S2000

気になる新型S2000の発売予定日は、2016年後半-2017年頃ではないかと予想されています!

以上、新型S2000の詳細についてのまとめでした。

新型S2000の正式な発売の発表についてはまだ先ですが、今後の最新情報が気になるばかりですね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

TOPへ