最も燃費が良いハイブリッド車とは?ランキング形式で発表します!

燃費が良い車と聞くと殆どの方が真っ先にハイブリッド車を思い浮かべるのではないでしょうか。ハイブリッド車といっても燃費性能に差がありますので、今回はランキング形式で燃費が良いハイブリッド車をご紹介したいと思います。最も燃費が良いハイブリッド車とは?

ハイブリッド車の概要

ハイブリッド車の燃費ランキングが気になりますがその前にハイブリッド車とは一体どのような車なのかを改めてご紹介しておきたいと思います。

ハイブリッド車とは2つ以上の動力源を持つ自動車です。

日本では一般的にエンジンとモーターを動力源としている車をハイブリッド車と呼んでいます。
車種によって違いはありますが運転状況によって「エンジンのみで走行」、「モーターのみで走行」、「エンジンとモーターを同時にしようして走行」するものがあります。

このようにハイブリッド車はエンジン以外にモーターでの走行が可能であることが少ない燃料で長い距離を走ることが出来る秘密なんですね。

ハイブリッド車とガソリン車の燃費比較

実際のところ、ハイブリッド車はガソリン車に比べてどれ位燃費が良いのでしょうか。
ハイブリッド車、ガソリン車が販売されているホンダ・フィットを例に挙げて比べてみたいと思います。

ホンダ・フィットのハイブリッドタイプ、ガソリンタイプの燃費は以下の通り。
ハイブリッド車の方がガソリン車の約1.5倍近い燃費となっているのがわかりますね。

【ハイブリッド】36.4km/L
【ガソリン】24.4km/L

なお、ハイブリッド車のベースグレードの価格が約169万円、ガソリン車のベースグレードの価格は約130万円となっています。
約40万円の価格差を高いと考えるか、安いと考えるかは人によって異なると思いますので、ハイブリッド車、ガソリン車が用意されている車種を購入される場合にはよく検討してから購入されるのが良さそうです。

ハイブリッド車の燃費ランキング第5位:ホンダ・シャトル

それではいよいよ本題のハイブリッド車の燃費ランキングをご紹介したいと思います。
まずは第5位から。ハイブリッド車の燃費ランキング第5位にランクインしたのはホンダ・シャトル。
その燃費は34km/L。

シャトルは本田技研工業が製造・販売する5ナンバーサイズのステーションワゴンです。
趣味やレジャーを愉しむユーザーに合った独自の価値を最大限に反映させた車種として開発されました。

ホンダ・シャトルに搭載されているハイブリッドシステムはEV発進が可能な1モーターシステム「SPORT HYBRID i-DCD」で、2代目フィットハイブリッドやヴェゼルハイブリッドにも採用されています。

ハイブリッド車の燃費ランキング第4位:ホンダ・グレイス

ハイブリッド車の燃費ランキング第4位にランクインしたのはホンダ・グレイス。
燃費は34.4km/Lです。

グレイスは本田技研工業が製造・販売するセダン。
コンパクトセダンの刷新がコンセプトでコンパクトカーやアッパーミドルクラスセダンの長所をいいとこ取りした5ナンバーサイズのセダンとなっています。

ホンダ・グレイスのハイブリッドシステムはホンダ・シャトルと同じく「SPORT HYBRID i-DCD」が採用されています。
コンパクト化したIPUを床下に収納したことで大容量のトランクルームを実現し、ハイブリッドカーでありながらトランクスルーが可能となっています。

ハイブリッド車の燃費ランキング第3位:ホンダ・フィットハイブリッド

ハイブリッド車の燃費ランキング第3位はホンダ・フィットハイブリッド。
燃費は36.4km/L。

本田技研工業が生産、販売するハッチバック型ハイブリッドカーのフィットハイブリッド。

初代モデルのエンジンは1.3Lと1.5Lが設定されていましたが現行モデルの2代目からは「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」を導入した1.5Lエンジンに統一されました。
ハイブリッドシステムには「SPORT HYBRID i-DCD」が採用されています。

ハイブリッド車の燃費ランキング第2位:トヨタ・アクア

ハイブリッド車の燃費ランキングの第2位はトヨタ・アクア。
燃費は37.0km/Lです。

トヨタ自動車が2011年より製造・販売を開始している量産の小型ハイブリッド乗用車のアクア。
プリウスの流れをくむ「トライアングル・シルエット」と称されるボディデザインを採用。

ハイブリッドシステムはZVW30型プリウスに搭載されている「リダクション機構付THS-II」をさらに小型・軽量化した新開発のシステムが搭載されています。

74PSを発生する1.5Lの「1NZ-FXE」型エンジンを搭載し、45kWを発生する新設計の1LM型電気モーターに144V/6.5Ahのニッケル水素電池が組み合わせされたハイブリッドシステムの総出力はおよそ75kW。

ハイブリッド車の燃費ランキング第1位:トヨタ・プリウス

ハイブリッド車の燃費ランキングで第1位に輝いたのはトヨタ・プリウス。
その燃費は40.8km/Lです。

トヨタ自動車が1997年に製造・発売を開始した世界初の量産ハイブリッド専用車であるプリウスは日本国内だけでなく世界93か国で販売されています。

現行モデルの4代目プリウスは「TNGA」を採用した第1号の車種であり、乗り心地と走行性能は先代とは比べられないほどのレベルになっていると言われています。
TNGAを採用したことで車高が先代のプリウスに比べ20mm下がり1470mmとなっています。

また、これまで使用されていたニッケル水素電池バッテリーのみでしたが現行モデルではSを除く全グレードでリチウムイオン電池が採用されました。

ハイブリッド車の燃費を良くするコツ

最後にハイブリッド車の燃費を良くするコツをご紹介します。
今回ご紹介したランキングはカタログ燃費を参考にしていますが、実燃費をカタログ燃費に近い値にするためにはどういったことに気をつけると良いのでしょうか。

不要な荷物はのせない

車の重量が増えるとそれだけ燃費が悪くなってしまいます。
たとえば冬季以外に車のチェーンは使いませんよね。そういった不要な荷物はなるべく車にのせないようにするだけで燃費の向上が期待できます。

エアコンの温度に気をつける

車のエアコンをつけるとバッテリーを大量に消費することとなり燃費に影響がでてしまいます。
春や秋などの過ごしやすい季節はエアコンを切る、夏や冬もエコ温度に設定することで燃費の改善になります。

今回ご紹介したコツの他にも「ストップアンドゴーの回数を減らす」、「ちょい乗りをしない」など他にも燃費を良くする方法はありますが、少し気をつけるだけで誰にでも実践できるコツに限定してご紹介しました。

ハイブリッド車燃費ランキングまとめ

ハイブリッド車の燃費ランキングをご紹介しましたがいかがでしたか?
世界初の量産ハイブリッド専用車のトヨタ・プリウスが堂々の1位という結果でした。
これからもハイブリッド車の燃費性能に注目していきたいですね。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ