車のスピード出しすぎによる速度違反。速度違反に関する点数とは。

普段クルマを運転している中では速度違反にならないようにしていてもうっかり定められた最高速度を超えてい点数が付与されてしまう場合があります。そのようなことにならないように今一度速度違反とはどのようなものなのかを認識し点数が付与された場合の対策を見ていきましょう。

速度違反とは

最高速度 標識

速度違反と言いますが正式には、速度超過違反と言います。速度違反は、道路交通法等に定まれており、定められた最高速度を超えてしまった場合違反となります。

速度違反に関する指定速度とは

次は、速度違反となる速度はどのくらいからなのかを見ていきたいと思います。

速度規制標識

速度規制標識には、画像のような物があります。各標識に記載されている数字を超えないように、気をつけなければなりません。

速度違反でのスピードは様々です。きほんしかし、あまりにも速度違反がひどい場合は、簡易裁判によって罰金が決定してしまう場合があります。又、遅すぎた場合でも最低速度違反というものもあります。各道路によって速度違反になるかどうかの標識は違いますのでしっかりと見ることが必要です。

最低速度違反とは

次は、あまり聞きなれない最低速度違反についてみていこうと思います。

最低速度標識

丸の中に記載されている速度よりも下であれば、最低速度違反となります。意外と気づきにくいので注意が必要です。

最低速度違反は、高速道路に定められています。最低速度は、50kmとされています。高速道路では基本的にそのような標識はありませんが、100kmで走っている道路の中で、50km以下の速度で走っている車がいる場合非常に危険であることがわかると思います。

速度違反による点数と罰金

次に、速度違反をしてしまった場合何が起こるのかを紹介します。

速度違反

速度違反は、各道路に定められている最高速度を超える速さで運転してしまった場合に発生するものです。しかし、遅すぎても速度違反となります。又、それによって、点数が付与されます。

速度違反となる条件として、基本的には一般道は60km、高速道路の場合は100kmとなっております。勿論、速度制限の標識がある場合は、そちらに記載されている速度に従うことになっています。

遅ければそれでいいのかというとそうではありません。速度違反に関して、最低速度違反というものも存在します。又、場合によっては罰金が科せられます。

速度違反の点数とは

速度違反による点数と反則金

速度違反をした場合、どのくらい速度を超過してしまったのかによって、点数が違ってきます。又、点数によっては、簡易裁判で罰金が決定してしまうことがあります。

実際に速度違反をしてしまった場合、罰金と点数がつきます。

一般道路の場合、速度違反が15km未満の場合、点数1と反則金9,000円というものから50km以上の速度違反をした場合は、点数12と6~8万円の罰金が発生します。

高速道路の場合は、40km以上の速度違反をしてしまった場合は、簡易裁判で罰金が決定します。

点数が貯まるとどうなるのか。

次に、点数がどの様な事に使われるのかを見ていきたいと思います。そして、点数が貯まるとどの様な事になってしまうのかも見ていきましょう。

点数が貯まることによる免停

速度違反をしすぎてしまい点数が溜まりすぎてしまうと免許停止処分を受ける場合があります。

速度違反によって点数が溜まっていくと、免停になります。免停とは、免許停止の略称で運転免許が使えなくなります。

前科がない。つまり、過去に速度違反をしておらず今回が初めてである場合は、6,7点から免停になります。点数が15点等のあまりにも高い点数になってくると、例え初めての速度違反であっても、免停ではなく、免許取り消し扱いを受けてしまうことがあります。

免停になってしまったら

もし、速度違反をしてしまいかつ点数が規定の点数を上回ってしまった場合は、免停になってしまいます。次は、その免停になってしまった場合を見ていきたいと思います。

免許停止処分書

もし、速度違反により規定の点数を上回ってしまった場合は、免許停止となり免許停止処分書が発行されます。これを受け取った場合は、講習を受けなければなりません。

速度違反により、規定の点数を上回ってしまい免許停止処分書を受け取った場合は、その書類に記載されている免停対象者の講習を受けるか出頭して免許を預けてから日にちがカウントされます。

前科がある場合は、180日間の免停機関となっておりますので、速度違反に注意しつつ今自分がどの位の点数があるのかも注意して置かなければなりません。

免停期間後は

運転免許証

規定の点数を上回り免許停止処分を受けて、免停期間が過ぎた場合は点数がリセットされ、0点からとなります。その代わりに、前科1が付いてしまいますので、本来の点数よりも少ない点数で免停になってしまいます。しかも、前科なしに比べて免停の期間は長くなっていますので注意が必要です。

最後に

講習

如何だったでしょうか。速度違反となるには色々な場面がありますが、気をつけて運転をしていくことでそれらを回避していくよう努力が必要ではないかと思います。又、速度違反になってしまって点数が付与されて免停になってしまった場合には、しっかりと講習を受けるようにしましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ

    TOPへ