トラックの荷台に家を作って、ノマド生活に切り替えてみませんか?

だれにも邪魔されない自由な暮らし。今ある住居は全て捨てて、トラックの荷台で生活してみませんか?全国にはトラックの荷台に移動できるモバイルハウスを載せて、自由気ままに暮らしている人がいます。トラックの荷台で自分らしい生き方を手に入れませんか?

トラックの荷台で暮らしてみよう!ノマド生活のススメ

ノマドとは遊牧民を意味し、一定のところにとどまらず点々と生活拠点を変えていく働き方や暮らし方をいいます。家を持って豊かに暮らしていくことも素晴らしいことですが、少し視点を変えた行き方をしている人が最近日本でも増えています。

アメリカのモバイルハウス

アメリカではトラックでトレーラーを牽引し、その荷台に家を積んで各地を点々と暮らすライフスタイルが盛んに行われています。

軽トラックの荷台に積むモバイルハウス

こちらは燃費の良い軽トラックの荷台に積むタイプのキャンピングカーです。既成品として市販されています。

軽トラック 荷台 キャンピングカー

軽トラックの荷台に積むタイプのキャンピングカーです。このように軽トラックに仮装するキャンピングカーの製造業者は日本全国に展開しています。

トラック 荷台

走行中はこのように屋根部分をたたむことができ、走行中の空気抵抗を減らし運転性能や燃費を良くしています。

荷台に積むタイプのキャンピングカーは荷室と居住部分が固定されておらず着脱ができます。そのため普通の商用ナンバーで運転できるのが特徴です。

トラックの荷台に固定するタイプのキャンピングカー

こちらはトラックの荷台と居住部分とが完全に固定されて、取り外しができないタイプのキャンピングカーです。コンロや空調、水回りなどは設置され、なおかつ広い室内空間を可能にしています。

トラック 荷台 キャンピングカー

トラックの荷台と居住部分が固定されたキャンピングカー。軽キャンピングカーは小回りがきき燃費もよく、維持費が安いので人気です。

トラック 荷台 キャンピングカー

室内も広く装備品も豪華。快適な旅ができます。

会場の注目を集めたのは軽自動車をベースにした「軽キャンパー」だ。特に人だかりができていたのは、軽トラをベースに居住空間をコーチビルドした「軽キャブコン」。いかにも堂々としたスタイルは、小さくたって所有欲を満たしてくれる。「1人用?」などとあなどるなかれ。これでファミリー就寝だって可能なのだ。諸費用を考えても300万円程度におさまる軽キャブコンは、「軽トラック」ならぬ「軽トラベラー」として熱いゾ!

出典:http://clicccar.com

この軽トラックのキャンピングカーは、ジャパン・キャンピングカーショー2011に展示されていたクルマです。会場では非常に注目を集めていた1台です。

ただし8ナンバー登録が必要なため、税制面でも高くなり維持費は軽自動車ほどメリットがありません。

トラックの荷台にモバイルハウスをそのまま載せた例

こちらは力技で小さなプレハブを軽トラックの荷台に積んでいます。

トラック 荷台

既存のプレハブを荷台に搭載して中で生活できるように改造しています。荷台に載せているだけなので、下ろせば普通の軽トラックとして使用可能。8ナンバー登録も不要でそのまま使用できるのがメリットです。

トラックの荷台に自作でキャンピングカー

こちらはDIYでトラックの荷台に家を立てた例です。業者に頼めば数百万円はかかりますが、自分で荷台に作れば30万円程度で立派なモバイルハウスが完成します。

トラック 荷台

自作でトラックの荷台にシェルフを作成すると格安で作成できます。

木材で骨組みを作り、壁はコンパネ等で表面を防水加工すれば十分に耐久性のあるモバイルハウスが作成できます。外壁に断熱材を入れると、快適性も格段にアップします。軽トラックの荷台でもスペースはかなり広いので、数泊できるくらいの居住スペースは確保できます。

トラックの荷台にテントを設置

これはもっとも手軽にキャンプできるトラックの荷台活用例です。

軽トラックの荷台にテントを設置

これぞ究極のお手軽キャンピングカー。キャンプ場に付いた瞬間に設営完了。撤収も瞬時に終わります。

気の向くままに全国のキャンプ場を移動して、日本一周も手軽にできそうなキャンピングカーです。

トラックの荷台で楽しむモバイルハウスのまとめ

軽トラ 移動販売車

モバイルハウスとしてではなく、移動販売の拠点としてもトラックの荷台は活用できます。アイデア次第で、使い方は無限に広がります。

いかがでしたか?

以上トラックの荷台でできるさまざまな方法をまとめてみました。
アイデア次第で、簡単にノマド生活にも活用できそうですね。

トラックの車両自体はキャンピングカーと比べたら圧倒的に安く購入できますし、
自分の手で好みのモバイルハウスを作りたい人には最適です。

それでは最後までご覧いただきまして、ありがとうございました。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ